だって、PCゲームが好きなんだもん!しょーがないじゃないっ!!

    Profile

    ダイン[kAtSu0Bush1]

    Author:ダイン[kAtSu0Bush1]
    MMORPGの迷作、“UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE”でZeon軍に所属。軍解体(UCGOサービス終了)後はFreeでFPS→Race Sim→FPS→Race Sim..、という“無限ループ”を確立。FPSは主にBF、CoDで活躍中!!...活躍はしてないか。

    好物:
    PCパーツ。(きわもの系とかも全然おk)
    PCGame。(on,off問わず。)
    クルマ。(やっぱ、クルマは高回転じゃなきゃダメッ!!)
    競馬。(当たらないけどNE!!(゚Д゚))
    etc...

    Origin ID:kAtSuOBush1
    Steam ID:kAtSu0Bush1™
    Skype ID:dain_swg
    mixiネーム:鰹 武士

    Calendar
    Twitter
    QR code
    QR
    ブロとも申請フォーム
    geotargeting

    ジオターゲティング
    FC2 counter

    現在の閲覧者数:
    スポンサーサイト
    Category: スポンサー広告  
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    中華製メカニカルゲーミングキーボード。 -KEYCOOL 84-
    Category: PC ゲーミングデバイス  
    おこんばんわ、ダインであります。

    さて、今回は若干ネタ気味のデバイスのお話。拙者の2ndPCは主にゲームをするためのPCなのですが、チャット用に小型でテンキーまで付属しているメカニカルキーボードを探しておりましたら、中華製のメカニカルゲーミングキーボード『KEYCOOL 84』が目に留まり購入まで漕ぎ着けたのでご紹介したいと思いまする。


    パッケージ...と言って良いものなのか...?
    このキーボード、中華製ですが日本でもScythe社から『KEYCRAFTS 84mini』という名称で2014年後半から販売されておりました。何故、過去形なのかと言いますと、個体の確保が出来ずに短期間で販売終了となった悲しき過去があったりします。今回はその輸入版の希少個体を入手しました。

    パッケージには、特性が申し訳程度に記載されたシールが貼られている簡素なダンボール箱にキーボード一式が詰め込まれ梱包されていました。ま、化粧箱なんざ飾りですよ。偉い(ry


    外観とサイズ
    キーボードの外蓋(外カバー)やキーキャップはエッジ部分に丸みがある極々一般的なモノ。背面には四隅とスタンドの脚に滑り止め防止のラバーが張られ、外観は至って普通なキーボードであります。

    02@KEYCRAFTS 84mini
    拙者的には「このキーボードを覆うプラスティック感はどうにかならなかったのか?」と疑問を呈したい処ですが、

    「あ、中華か」

    という自己回答で無事に難問解決。

    キートップの形状は若干の曲面が付いている方が好きなのでこれは合格点。

    本体のサイズは、318mm(横幅(W))×132mm(縦幅(D))×36mm(高さ(H))※スタンド使用時49mm。

    01@KEYCRAFTS 84mini
    一般的なテンキーレスキーボードと比較しても更にコンパクト。重量も約680gとメカニカルキーボードの中でも軽めの部類。


    内容物
    キーボード本体(プラカバー付)、USB接続ケーブル 1.8m、ケーブルプロテクター、キーキャップ引抜き器、USB→PS/2変換コネクタ、ぺらっぺらの簡易説明書の6点セット。

    06@KEYCRAFTS 84mini
    このキーボードには(画像下部のような)『USBケーブルコネクタプロテクター』というものが付属しております。このプロテクターはキーボードから引き出されたUSBケーブルのコネクタ(接続)部分に負荷が懸かりにくくするモノであります。

    この手のアイデアはキーボードを起因とする故障とは別に起こりうる故障の要因を少なくするアイテムとして非常に良いアイデアだと思いますね。


    キーボード付加機能
    全てのキーにホワイトLEDが装備されており、暗所でもキーの文字が視認しやすくなっています。LEDは最高輝度から消灯までの8段階調整が可能で、LEDの点灯パターン(ブレスモード)も4種類から選択可能。その他にもW、A、S、Dキーのみの点灯などゲームタイプに合わせて4種類の点灯モードが搭載されております。

    03@KEYCRAFTS 84mini
    後、Fnキー+ファンクションキーとの同時押しによってブラウザやメディアプレイヤーなどの起動も可能。ゲームプレイ中にWindowsキーを誤って押下してもWindowsメニューが表示されないようにするWindowsキー無効化機能などゲーミングキーボードとして必要な機能が備わっています。

    でも、拙者はチャットくらいしか使わないんだよね...


    キーボードレイアウト
    英語キーボード準拠の84キー配列を採用しているので、記号などが日本語配列と若干異なる仕様なので慣れが必要ですた。ESCキーやファンクションキーは上部横一列に纏められ、Homeキーなどがキーボードの右端に縦配列されています。

    因みに、Fn+NmLKキーの押下でテンキーモードに切替可能なのでコンパクトキーボードと言えどなかなかの多機能キーボードなのであります。


    キースイッチ
    メカニカルキーボードの肝心要であるキースイッチは、Scythe社の製品情報ではオリジナル仕様のメカニカルキースイッチとなっていますが、キースイッチの台座にはkailhというロゴが入っており、ググッてみると中国のKaihua Electronics(東莞凱華電子有限公司)という電子機器製造会社のキースイッチを採用している模様。

    04@KEYCRAFTS 84mini
    キースイッチの特性は、キーストローク(キーの押し下げ幅)は最大で4mm(±0.5mm)、スイッチ接点(スイッチング)は2mmの位置でスイッチング部にカチッとした感触と音がある青軸タイプ。

    使用感ですが、ZF ElectronicsのCherry 青軸タイプより、押下圧が軽く打鍵音も控えめな印象を受けます。青軸特有のクリック感とカチャカチャ音はCherry 青軸に慣れていると少し違和感を覚えるキータッチであります。


    キースイッチスペック ※Scythe社の公式HPより抜粋
    キーピッチ:19mm
    キーストローク:4±0.5mm(全ストローク)
    押下圧:50g
    スイッチング:2mm(スイッチング)
    打鍵寿命:5000万回


    総評
    中華製という点を除けば、このキーボードの売りであるコンパクト、キースイッチの各種ギミック、メカニカルキースイッチの肝であるキースイッチの質感の全てが及第点でメインのキーボードとしても使用に耐えられるシロモノであります。拙者はこのキーボードを$26で購入しましたがこの価格では十二分過ぎる性能であります。



    おしまい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : PC周辺機器    ジャンル : コンピュータ


    4thPCをWondows10にアップグレードしたよの巻。
    Category: PC Software  
    おこんばんは、ダインであります。

    今年、初発のお題はWindows 10でございます。

    昨年末、親友の弟さんより「会社のPCを組み立ててほしい」という依頼を受けまして、その際に気になっていた新オペレーティングシステム(以下、OS)である『Windows 10 Home』の導入を試みてみました。

    導入時点の感想は、リリースされたばかりの人柱OSということもあり、非常に動作が不安定という印象を受けましたが、その後、

    160101_02@pc.jpg
    なんやかんやとしているうちにマイクロソフトより、メジャーアップデートであるVer.1511(Build 10586)がリリースされ、以前より格段に安定した動作をするようになりました。

    で、拙者は思ったのです。


    これなら(自分の)パソコンにWindows 10をインスコしても大丈夫だと。(ゲス顔



    という訳で、皆さんもお馴染みかと思いますが、タスクバーの左端にこれ見よがしにあるWindowsのマークをWクリして導入を開始したのであります。

    そういえば、導入前の事前調査中に何処かの親切なWebサイトには『デバイス(周辺機器)が動作しなくなったり、不安定になることがあるのでバックアップはとっておいた方が良いよ』というアドバイスがあったのですが、「バックアップとか面倒ですし、トラブったらトラブったでどうとでもなるのであります!」という旧大日本帝国陸軍の場当たり的貫徹精神でバックアップについては敢えて無視の方向でやっつけました。

    因みに、拙者のPCには『Windows 7 Ultimate』とかいう無駄に豪華で 猫 に 小 判 的なOSがインスコされているのですが、

    160101_00@pc.jpg
    このバージョンだとアップグレードすると『Windows 10 Pro』になる模様。※尚、Windows 7 Professional版もProに移行するようです。

    導入手順は指示に従えば何も難しいことはありませんが、強いて言うなら更新プログラムのダウンロード時に「光って何なのだろうね?」と疑問視せざる得ないくらいに時間が掛かるのであります。※大体、2時間くらいは掛かってしまうので複数のPCをアップグレードする場合はROMに焼くか、USBメモリに更新プログラムを保存しておいたほうが良いですね。

    更新が終わると「更新は終わったよ」的な文章が表示されて

    160101_03@pc.jpg
    目出度く、Windows 10への更新は終了です。

    Windows 10を一通り触れてみた感想ですが、今現在の状態であれば比較的好印象であります。

    と言うのも、リリース直後は『再起動無限ループ地獄』などがあったり、拙者がPCを組み立てた際もMicrosoftの提供するドライバは読み込むが、サードパーティの提供するWindows 10対応の最新デバイスドライバを絶対に読み込まない、下手をすると強制的に再起動をかけてくるという、なかなか堅気気質の“我の強さ”を見せ付けてくれたりしていましたが、今回のバージョンアップでかなりマイルドで扱いやすいOSに仕上がってきたと思います。

    Windows 8と同様に『PC向け』というよりは全てのハードウェアに対して親和化されたOSですが、Windows 7のベテランパイロットでも機種転換訓練をせずとも問題無く移行できるOSだと思いましたとさ。


    -おまけ-

    動作確認をしつつ

    160101_04@pc.jpg
    (申年だけに)キャッキャ言いながら艦これをプレイの図。



    おしまい。
    関連記事

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    謹賀新年であります!!
    Category: 独り言  
    皆さま、新年あけましておこんにちわ。ダインでございます。

    皆様にとって良い1年であることを心より願っておりますッ!!

    2016年も四半期更新ブログ()『迷える子馬』共々、よろしくお願いいたしまっす。

    え?抱負ですか??・・・そうですね。今年はブログの更新期間をなるべく短くしていきたいなと思っていますです。はい。



    おしまい。
    関連記事


    転職しますた!!
    Category: DriveSim  
    皆様、秋の夜長を如何お過ごしでしょうか?おこんばんわ、お久しぶりの鰹武士ことダインであります!

    最近はブログ更新もサボりまくりで堂に入ってきた感じでありますw

    さて、お題目でも書きましたが転職したのであります。

    それはもう一大決心ですよ!清水の舞台ならぬ、ダーウィンのマスドライバーからK点越え大ジャンプですよ!!


    何せ、この不景気にMSパイロットからトラックの運ちゃんに転職ですからねッ!!


    ・・・ア、ハイ。ゲーム世界のお話です。

    という訳ではじめますた、『Euro Truck Simulator 2』(以下、ETS2)でありますw

    所謂、ドライブシムてヤツなんですが、シミュレートするのがトラック(厳密にはトラクターと言うらしい)という、何ともマニアックなシムなのであります。しかし、これが意外と面白い。

    最初期は駆け出しの雇われドライバーですが、シコシコとおつかい任務契約をこなすか銀行に融資して貰えば自前のトラクターを購入してばりのカスタマイズが出来たり、会社を構えて従業員をこき使え雇えたりと会社の運営も出来るらしい。

    まぁ、ひよっこドライバーの拙者には遠い未来の話で、今の境遇をUCで例えるならマゼラに乗ってちまちまスキル上げをしている感じでありますw

    因みに、オンラインでコンボイを組んでなにやら出来るっぽい...Steamで2,480円っぽい。(ニヤリ

    何はともあれこのゲーム、良く出来ていましてね、運転しているとリアルに眠たくなってくるのであります。


    断続的な機械音って、眠気を誘いますよねw


    ■おつかい動画



    おしまい。


    G13rの有用性をソレっぽく語る。 -Logicool G13 ADVANCED GAMEBOARD-
    Category: PC ゲーミングデバイス  
    お久しブブゼラ、ダインであります。

    今回は、今年初めにポチったLogicool社製の『G13 ADVANCED GAMEBOARD (以下、G13r)』のお話でありますよ。

    さてさて、世の中には星の数ほど左手用ゲーミングキーパッドが...あんまりない...か。あ!生まれては消えていっ...ても...ないね;;;まぁ、何はともあれ、「使ってみないと左手用キーパッドの有用性って解らないよね」的な隙間デバイスなのであります。

    そんな隙間業界で、Logicool社以外にも左手用キーパッドをリリースしている猛者がおります。それは唯一、2つのモデルをリリースしているRazer社であります。以前は3モデルのラインナップでしたが、『あれ?振り返ったらスイス企業しか着いてきてねーじゃん。これって、ヤバくね?』と察したのでしょうか?今現在、ミドルレンジモデルは無かったことになっておりますが、そんな中でも2モデルのリリースをしている無謀漢気には拙者的に感服なのであります。

    という訳で、ここは左手キーパッド業界(?)の牽引役をリスペクトして、この2モデルを比較対象とするべきでしょう。只、残念ながらエントリーモデルの『Tartarus』は持ち合わせておりませんので、エントリーモデルは旧機種の『nostromo』と比較し、ハイエンドモデルは『Orbweaver』と比較していきましょう。

    それでは、早速レビューと参りましょう。


    ■外観とか

    外観はヒラメ?エイっぽい??

    20160304_01@pc.jpg
    第一印象は『Razerのどの左手キーパッドよりデカいネ...』でありました。

    と言うのも、本体サイズの実測は、G13rが幅: 171mm × 高さ: 243mm × 奥行: 41mmで、Orbweaverが幅: 153mm × 高さ: 186mm × 奥行: 54.8mmとG13rの方が一回り大きい。重量は587g。

    縦横にサイズがある為、左手をデバイスに乗せた際の指先から手のひら、手首までのゆとりも十分に確保されており、その安定性はエクセレントのハラショーでG13rの謳い文句でもある『快適性を重視した曲線的なデザイン』も頷ける作りになっています。只、左手を自然に置いた状態で[01]、[07]キーなどは指の稼動範囲を最大限利用してしまうのでキーを押下する際に、そちらの方へ意識を注力しなければならなくなるという点も見受けられます。それ以外は多用されるWASDキーには凹みを儲け、指先で認識できるようにされているほか、縦列のキー配置に傾斜を付けていたりとキー入力のし易さに重点を置いた設計がなされています。

    背面は

    20160304_06@pc.jpg
    ゴム足が面白い配置になっていますが、激しいキー入力をしても安定した入力が可能です。あと、接続はUSBでケーブル長は約2.4mと非常に長いのでケーブルの取り回しがゆったりしているのも良いですね。


    ■キーについて

    キースイッチはメンブレン方式を採用し、キー入力の質感も見紛うことなくメンブレンであります。

    20160304_02@pc.jpg
    メカニカルに慣れると「このフニャ※▲野郎がッ!!」と罵りたくなる打鍵感はちょっとマイナスですが、キースイッチの『スコッ』という入力感はしっかりとあり、キーのバックライトにRGBイルミネーションを採用して打鍵感のストレスを±0にしてくれています。...ちと、強引か?w

    キースイッチのストローク(深さ)は

    20160304_05@pc.jpg
    約3mmと一般的なキーボードと変わりません。

    メンブレン方式のキースイッチはメカニカルのような『カチャカチャ』という打鍵音がしないのでボイスチャットなどを利用しているユーザーにとっては“ノイズ”がない分、メリットと言えるでしょう。

    因みにG13rはキーが24個+ジョイスティックが4方向+αとキーの数に関してはかなり豊富であります。Razer社のキーパッドとキーの数を比較してもエントリーモデル(25個※ジョイスティック含む)より多く、ハイエンドモデル(30個)と同等となっております。但し、上記でも述べたように指の稼動範囲ギリギリにキーを配置されても要を成しませんので、キーの数が多ければ良いというわけでもありませんのでユーザーの好みで優劣が別れる処でしょう。


    ■付加価値とか

    G13rには『GAMEPANEL LCD』という小型のLCDパネルキーパッドの上部に装備されている。これがが実に面白い。

    20160304_03@pc.jpg
    時間や日付、CPUやメモリーの使用率、タイムスケジュール、RSSまでも表示可能で、他にもG13rに対応しているサードパーティのソフトウェアをPCにインスコするとLCDに表示することが可能であります。

    例えばですがピクチャーソフト“Fraps”を同時起動することでfpsをLCDパネル上でモニターすることが可能になります。

    タイムスケジュール表示はタイマーカウンタとストップウォッチが装備されており、タイマーカウンタにはカウント終了時間にサウンドを鳴らす事が可能なので、例えば『艦隊これくしょん』の遠征とか入渠時間の管理に使えたりするので便利であります。

    あと、ミニジョイスティック部分は

    20160304_04@pc.jpg
    アナログな上下左右4方向のジョイスティック操作が基本となりますが、キー設定で4個のキーとして使用可能です。※ジョイスティックは“クリック動作”で1つのキーとしても設定が可能であります。

    Razerのキーパッドは8方向に対応していますので、4方向のアナログスティックは及第点といったところであります。


    ■評価

    価格の面から比較すると、G13rの価格帯はRazer社のTartarusよりも安価であることもあり、コスパ的に優れていると言えます。Orbweaverと比較するとキースイッチの優劣やLCDモニターの有無、手の形状に合わせたキーパッド本体の調整など甲乙つけ難いものがあります。

    拙者的には入門用の左手用キーパッドとしてお勧めしたいデバイスであります。



    おしまい。
    関連記事

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。