だって、PCゲームが好きなんだもん!しょーがないじゃないっ!!

    Profile

    ダイン[kAtSu0Bush1]

    Author:ダイン[kAtSu0Bush1]
    MMORPGの迷作、“UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE”でZeon軍に所属。軍解体(UCGOサービス終了)後はFreeでFPS→Race Sim→FPS→Race Sim..、という“無限ループ”を確立。FPSは主にBF、CoDで活躍中!!...活躍はしてないか。

    好物:
    PCパーツ。(きわもの系とかも全然おk)
    PCGame。(on,off問わず。)
    クルマ。(やっぱ、クルマは高回転じゃなきゃダメッ!!)
    競馬。(当たらないけどNE!!(゚Д゚))
    etc...

    Origin ID:kAtSuOBush1
    Steam ID:kAtSu0Bush1™
    Skype ID:dain_swg
    mixiネーム:鰹 武士

    Calendar
    Twitter
    QR code
    QR
    ブロとも申請フォーム
    geotargeting

    ジオターゲティング
    FC2 counter

    現在の閲覧者数:
    スポンサーサイト
    Category: スポンサー広告  
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    新・1stPCの消費電力。
    Category: PC Notes  
    こんな深夜におこんばんわ。ダインであります。

    さてさて、今回のブログは昨年製作した新1stPCの消費電力事情について今のいま頃調べてみましたよというお話でございます。

    で、最初に断っておきたいのでありますが、比較対象となる“ネタ”が一昨年の10月まで遡った旧1stPCのブログ記事、若しくは2ndPCのブログ記事くらいしか参照するものが無くてですね...「これで比較対象になるの?」って感じでして、いやはや、面目無いであります。※因みに旧1stPCのスペックですが、AMDのPhenomⅡ X4 965 Black Edition w/ ATi Radeon HD 5850 CFXと云う基幹構成で、ゲーム動作中の消費電力量は600Wオーバーとなかなかの数値を叩き出しておりましたとさ。

    消費電力の計測は以前と同じくサンワサプライ製の“ワットモニター TAP-TST8”で計測するであります。


    ■新1stPCのスペックとか

    CPU: Intel Core i7 3770K(3.50GHz/C4(T8)/8MB、TDP77W)
    M/B: ASRock Z77 Extreme6(Z77)
    MEM: Corsair CMZ32GX3M4X1600C10 DDR3 1600MHz 8GBx4 (32GB)
    SSD1: SAMSUNG 840 MZ-7TD120K/IT 120GB
    SSD2: Crucial m4 CT256M4SSD2 256GB
    HDD: HGST HDP725050GLA360 500GBx2 (計1TB)
    VGA1: ASUS GTX670-DC2-2GD5(NVIDIA GeForce GTX 670)
    VGA2: Palit GeForce GTX 670 JETSTRAM(NVIDIA GeForce GTX 670)
    S/C: Creative PCI Express Sound Blaster X-Fi Titanium Professional Audio
    PSU: SilverStone SST-ST85F-P
    筐体: Antec DF-30
    OS: Windows7 Professional 64bit(DSP版)
    etc: Antec KUHLER H2O 620(CPUクーラー) ※12cmファンx2
    etc: Kingston HyperX Fan(メモリークーラー) ※6cmファンx2
    etc: 吸気用12cmファンx3、排気用14cmファン

    Monitor1: iiyama ProLite E2710HDS-B 45.0W
    Monitor2: acer B273Hbmzidh 38.8W
    Monitor3: acer B273Hbmzidh 38.8W
    ※解像度: 5760x1080


    ■測定結果

    ・スタンバイ状態: 約4.7W
    ・電源投入時の最大値: 177W ※ディスプレイの消費電力含まず
    ・アイドル状態: 94W(214W) ※括弧内はディスプレイの消費電力を含んだ数値
    ・アプリケーション動作中(高負荷時): 514~517W ※Battlefield 4 マルチプレイ
    ・全機種 フルロード状態: 697W ※DENON AVC-1550(AVアンプ)で音声出力


    ■総評

    結果は予想の範囲内で全体の性能が格段に向上したにも関わらず、総消費電力量は下がっているというのが解ります。とは言っても、ディスプレイの消費電力を含めて500W強という電力喰い仕様は変わりませんがw

    まぁ、マルチモニタを使用してのゲーム動作中の消費電力量は旧PC構成よりも格段に低下したという事実確認が出来ただけでも善かったねという感想であります。

    ※2/9 加筆修正


    おしまい。
    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    続々・PCの消費電力。
    Category: PC Notes  
    さて、今回は自鯖として使用している3rdPC(通称、鯖たん)のお話。

    長時間の稼動が余儀なくされる自鯖PCは可能な限り消費電力を抑えたい処。そこで、要となるCPUに省電力版を導入して電力の消費を下げたいとこですが、それではちょいとばかし芸がなっしんぐ。

    ということで、AMD Phenom X4 9750(TDP95W)を省電力版CPU並に“ダウンクロック&降圧”し、「なんちって省電力CPU」として代用してみました。

    ダウンクロック、降圧設定はソフトウェアの“K10stat”で行い、2.4GHz(定格)→1.2GHz(Cool'n'Quiet 2.0)を1.8GHz→800MHzまでクロックダウン。電圧も1.25Vから1.00V(800MHz動作時は0.8V)まで降圧しまふた。

    ■鯖たんのスペッこ

    CPU: AMD Phenom X4 9750 (1.8GHz(DC)/L2 512KBx4/L3 2MB、TDP95W)
    M/B: Foxconn A7GM-S (AMD 780G)
    MEM: DDR2 800MHz 4096MB (1024MBx4)
    HDD: HGST HDP725050GLA360 500GB + HGST HDS721010CLA332 1TB + WDC WD10EACS 1TB + WDC WD20EARS 2TBx2 (計6.5TB)
    VGA: -
    S/C: -
    PSU: MAXCUBE NIRA 500(500W)
    OS: WindowsXP HE SP3
    筐体: Thermaltake Armor A30
    etc: Scythe APSALUS 120
    etc: 6cmファンx2、9cmファンx1、23cmファンx1

    ■測定結果

    ・スタンバイ: 約2.4W
    ・電源投入時の最大値: 190W
    ・アイドル時: 83.6~87W
    ・アプリケーション動作中: 107~118W ※MySQL

    ■総評

    最小の消費電力で済むように、アプリの選定からバックグラウンドのタスク停止まで試行錯誤しましたが、それでも80Wを超えてしまう消費電力。長時間稼動する自鯖としてはかなりの“ネック”ですが、HDDを5台詰め込んでる時点で全HDDがアイドル状態でも25W程の電力を喰ってるので、まずはココをどうにかするべきなんでしょうけどそれだと何とも元の木阿弥。

    ま、この辺が自分の限界でつ。

    ちなみにこの3rdPCですが、PCの起動はWake up On Lan tool、画像出力をTeamViewerで代用し、キーボードとマウスの入力はInput Directorを用いて1stPCからリモート制御しています。

    リモートってさ、なんかかっこよくね?w



    おしまい。

    テーマ : サーバ    ジャンル : コンピュータ


    続・PCの消費電力。
    Category: PC Notes  
    GWって美味しいの?うぃっ!ダインでありまっす。

    以前、メインPCと旧2ndPCの消費電力を計測したことがありましたが、あれ以来、SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8の活躍する場は余り無く、時々気が付いたように消費電力を確認しては、

    「今日も電力を喰いまくってるZE!!」

    はぁはぁハラハラする日々を提供してくださる有難い装置となっていますた。

    しかし、よくよく考えてみると昨年末に新調改修した新2ndPCと3rdPCの消費電力を計測していなかった。

    つぅことで、今回は2ndPCの消費電力のお話なのであります!!

    ■2ndPCのスペッこ

    CPU: Intel Core i7 860(3.80GHz(OC)/C4(T8)/L2 256KB×4/L3 8MB、TDP95W)
    M/B: ASUS P7P55D-E(P55)
    MEM: SuperTalent W1333UX8GV DDR3 1333MHz PC3-10600 4GBx2(計8GB)
    SSD: TOSHIBA THNSNC064GBSJ 64GB
    HDD: HGST HDP725050GLA360 500GB
    VGA: ASUS ENGTX550 Ti DC/DI/1GD5 (nVidia GeForce GTX 550 Ti)
    S/C: ONKYO SE-200PCI
    PSU: SilverStone SST-ST50F-P (500W)
    筐体: Antec SOLO W/O PSU
    OS: Windows 7 Home Prem... 64bit(DSP版)
    etc: Antec KUHLER H2O 620CPUクーラー) ※12cmファンx2
    etc: Kingston HyperX Fan(メモリークーラー) ※6cmファンx2
    etc: 吸気用9cmファンx2、8cmファンx1

    ■では、計測結果

    ・スタンバイ: 約7W
    ・電源投入時の最大値: 258W
    ・アイドル時: 138~139W ※ディスプレイの消費電力は含まず。
    ・スリープ時: 8W
    ・アプリケーション動作中(高負荷時) : 319~323W ※Battlefield 3 マルチプレイ

    ■総評

    CPU、メモリーの電圧を昇圧して、双方共にオーバークロックをしているのでアイドル時の消費電力は少々高め。しかし、高負荷時の数値は意外と低く抑えられているという現象が起きました。これは、グラボと電源ユニットの性能が高負荷時の電力量に表れているのだと思われます。

    この位の消費電力だったら気兼ね無くPCゲームもできるってもんですわよ。w



    おしまい。

    テーマ : 雑記    ジャンル : コンピュータ


    空冷 vs 水冷。
    Category: PC Notes  
    PCをカスタマイズしていくうちに辿り着く疑問がある。

    それが、

    「CPUクーラーは空冷と水冷どちらが良いのだろう?」

    というモノ。

    その疑問に少しでも答えるべく、うちの2ndPCで以前使用していたサイドフロー型空冷CPUクーラー、Antec社製“KUHLER flow”と現在、鋭意活躍中の簡易型水冷CPUクーラー、Antec社の“KUHLER H2O 620”のCPU温度比較をしてみますた。

    ※2ndPCのCPU環境はコチラ

    ■アイドル時のCPU温度

    ・KUHLER flow : アイドル時 40~43℃
    ・KUHLER H2O 620 : アイドル時 38~39℃

    ■UCBENCHMARK後のCPU温度

    ・KUHLER flow

    120220_03@pc.jpg


    ・KUHLER H2O 620

    120220_04@pc.jpg

    MAX値のCPU温度(赤枠)は双方とも同じような温度数値っすね。只、Value値の温度(青枠)が比較的安定して降下するのは水冷の方かな?

    ■総評

    さて、テストの結果を踏まえてPCの安定動作をコスパ重視で考えるのであれば、空冷でも十分通用するという結果となりました。しかし、負荷がかかる作業をCPUに負荷(OC)をかけて、尚且つ、PCの安定動作を求めるというのであれば、白羽の矢が立つのはまず間違いなく水冷の方ですね。

    つまり、PCで推奨環境が高いゲーム等をするユーザーさんであれば、『水冷がお勧め』と言うことです。



    おしまい。

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    PCと周辺機器の消費電力。
    Category: PC Notes  
    SANWA SUPPLY ワットモニター TAP-TST8

    111019_01@pc.jpg
    てのを買ってみたでごわすよ。※Amazonで¥2950。

    此れで何をするのかと言いますと、コイツをコンセントの間に中継することで、現在消費している電力量を計測することが出来るという隙間商品であります。※他にも積算電力量、二酸化炭素排出量、積算時間、電気料金などが計測可能。

    まぁ、購入したご本人が言うのもなんですが、この手の機器は言ってみれば“ぱーちぃぐっず”みたいなもので、消費電力を計測してしまえば『お役目ご苦労(肩叩き)的な存在になってしまうシロモノである訳ですが、そこへ“積算値”を付加してきた処にSANWA SUPPLYのアイデアが伺えます。

    さて、御高説はこの位にして、まずは計測する機材のスペックをさくっと紹介しておきませう。

    ・1stPCのスペック
    ・2ndPCのスペック
    ・ディスプレイの消費電力量一覧。
     iiyama ProLite E2710HDS-B 45.0W
     acer B273Hbmzidh 38.8Wx2
    ・DENON AVC-1550 195~50W ※195Wは電源投入時。

    それでは、我が愛機(PC)達がどんだけ電力をバカ喰いしているのかガクブルしながら計ってみましょう。

    Let's!消費電力計測開始ぃ!!

    ・全機器 スタンバイ状態 10.8~11.0W
    ・1stPC アイドル状態 210~217W ※ディスプレイの電力量は含まず
    ・1stPC アプリケーション動作中(高負荷状態) 598~614W ※SHIFT2U w/ 3画面
    ・2ndPC アイドル状態 111~117W ※ディスプレイの電力量は含まず
    ・2ndPC アプリケーション動作中(高負荷状態) 170~179W ※UCGOP鯖武器生産マクロ
    ・全機器 アイドル状態 445~457W
    ・全機器 フルロード状態 768~793W

    とまぁ、こんな感じで状況終了~っ!!ってなもんなんですが、ワットモニターで計測した結果を見て意外と電力消費が少ないことに驚いっちゃったよ。

    というのも、ASUSの“電源計算”でいくと1stPCだけでも推奨電源が850Wだったので、高負荷時にはそのくらい逝っちゃうの?と思とりますた。※どちらかと言うとコチラの方が電源計算としては正確でしたね。

    ウ、ウーン・・・、なんつぅか拍子抜け。

    ブログ的には、


    スベッたカンジ?


    ネタのためにカネ払ってこれかよっ!!



    おしまい。

    テーマ : 雑記    ジャンル : コンピュータ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。