だって、PCゲームが好きなんだもん!しょーがないじゃないっ!!

    Profile

    ダイン[kAtSu0Bush1]

    Author:ダイン[kAtSu0Bush1]
    MMORPGの迷作、“UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE”でZeon軍に所属。軍解体(UCGOサービス終了)後はFreeでFPS→Race Sim→FPS→Race Sim..、という“無限ループ”を確立。FPSは主にBF、CoDで活躍中!!...活躍はしてないか。

    好物:
    PCパーツ。(きわもの系とかも全然おk)
    PCGame。(on,off問わず。)
    クルマ。(やっぱ、クルマは高回転じゃなきゃダメッ!!)
    競馬。(当たらないけどNE!!(゚Д゚))
    etc...

    Origin ID:kAtSuOBush1
    Steam ID:kAtSu0Bush1™
    Skype ID:dain_swg
    mixiネーム:鰹 武士

    Calendar
    Twitter
    QR code
    QR
    ブロとも申請フォーム
    geotargeting

    ジオターゲティング
    FC2 counter

    現在の閲覧者数:
    スポンサーサイト
    Category: スポンサー広告  
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    見た目って大事だよね。 -RAIDMAX COBRA-
    Category: PC 自作 / PC 組み立て   Tags: Corei7-860  PCカスタマイズ  
    おこんばんおはようございおこんちわん!!てぃっす!ダインであります。

    先週はすったもんだの前途が多難でブログの更新ができませんでございました。サーセン

    えー、ネコタ共和国から進呈されましたCore i7 860搭載のPCカスタム計画ですが、

    130616_01@pc.jpg
    足りなかった主要パーツが続々到着しました。

    今回のコンセプトである見てくれ重視の筆頭となる筐体にはRAIDMAX社製の

    130616_02a@pc_20130623113130.jpg
    COBRA Black


    を選択しましたでっす。※ドスパラで4,980エソ。ヤッスw

    それでは、この筐体についてざっと紹介したいと思いまする。

    マザーボードが設置される底板は

    130616_02b@pc.jpg
    鮮やかなライトグリーンに塗装されていてかなり目を惹きます。これをLEDとかで照らし出したら雅な感じでしょうねぇ...

    パーツの取り付けですが、基本ツールフリーで組み立てらるようになっており(拡張ボードとPSUはネジ留め固定)、3.5インチシャドウベイに取り付けられるHDDは専用のスティで筐体下部に固定され、2.5インチシャドウベイはパネル部分が必要に応じて取り外し可能となっています。フロントの5インチベイに搭載される光学メディアドライブはクリップ式の固定具で固定されます。

    コレを選択しておいてこういうのもなんですが、安価な筐体の割りにはガタや緩みも無く意外としっかりした造りで感心致しますた。

    正面から見て右側面部は裏配線がし易いように

    130616_02c@pc.jpg
    広めにとってあり、配線作業は非常に楽でございました。

    なので、既存のPCケースの横幅が大体200mm前後なのに対して、コイツは240mmと少し横幅がある筐体になっています。あと、CPU周りが大きく開いているのでサードパーティ製のCPUクーラーとかも後付けができそうです。

    背面部。

    130616_02e@pc.jpg
    ...特筆すべきことはありませぬw

    上面ですが、大きく開いた排気口が目につきます。

    130616_02f@pc.jpg
    取り付け可能なファンは12cmないし14cmファンを2基、もしくは18cmファンを1基搭載できます。

    底面は

    130616_02g@pc.jpg
    PSU(左側)と12cm、14cmファンいずれかを設置可能な吸排気口(中央)があります。

    いずれも防塵用のメッシュカバーが付属しており、上面部には振動防止用のゴムワッシャーとネジが付属していました。※今回はTSUKUMOで投売りされていた500エソの12cmファンを取り付けました。

    お次に電源(PSU)ですが

    130619_04@pc.jpg
    玄人志向の500Wの80PLUS BRONZE認証取得電源“KRPW-SS500W/85+”を選択しました。

    この電源、安価ながら品質が高いのが大きな特徴です。

    只、ケーブルはプラグイン方式ではないので組立作業中は

    130619_06@pc.jpg
    ヤマタノオロチ状態にw

    組み上がり時には

    130621_07@pc.jpg
    こんな感じで纏めることは可能でしたが...ペリファレルがごちゃついてるのが気になるでござるなw

    この筐体は裏配線のことをよく考えてあったので本当に組み易かったですね。

    あと、組み立て作業中に気が付いたのですが、

    130622_08@pc.jpg
    付属してきたクーラーマスター社製CPUクーラーは固定用のピンが1箇所紛失していて、3点で固定されていました。CPUの冷却に影響がありそうだったので、応急処置として拙者所有のCore i7 3770K用のリテールクーラーを仮装備しましたです。

    今回のカスタムはオーバークロックが前提なのでCPUクーラーを別途調達しないといけなさそうであります。

    そんなこんなで、

    130623_09@pc.jpg
    組み上がりの図。

    グラフィックボード(MSIのN395GTX)がすっごく長尺なんですが箱がデカいためか全く気にならず、PSUのケーブルも長さが十分でしたので筐体内部は綺麗に纏めることが出来ました。※2.5インチのシャドウベイのパネルは前面吸気のエアプローを考慮して外してみますた。

    起動テストの図。

    130616_10@pc.jpg
    グリーンのLEDがとってもきれぃ☆

    なんかこう、おいでやすきょうと!って感じがイイですねッ!!

    ・・・きょう・・・と?

    さて、お次はOSとUCGOPSのインスコ作業です。

    ...が、次回に



    つづくのでござる。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    Comments

    Leave a Comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。