だって、PCゲームが好きなんだもん!しょーがないじゃないっ!!

    Profile

    ダイン[kAtSu0Bush1]

    Author:ダイン[kAtSu0Bush1]
    MMORPGの迷作、“UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE”でZeon軍に所属。軍解体(UCGOサービス終了)後はFreeでFPS→Race Sim→FPS→Race Sim..、という“無限ループ”を確立。FPSは主にBF、CoDで活躍中!!...活躍はしてないか。

    好物:
    PCパーツ。(きわもの系とかも全然おk)
    PCGame。(on,off問わず。)
    クルマ。(やっぱ、クルマは高回転じゃなきゃダメッ!!)
    競馬。(当たらないけどNE!!(゚Д゚))
    etc...

    Origin ID:kAtSuOBush1
    Steam ID:kAtSu0Bush1™
    Skype ID:dain_swg
    mixiネーム:鰹 武士

    Calendar
    Twitter
    QR code
    QR
    ブロとも申請フォーム
    geotargeting

    ジオターゲティング
    FC2 counter

    現在の閲覧者数:
    スポンサーサイト
    Category: スポンサー広告  
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ローエンドゲームパソコンを組み立てたよんの巻。
    Category: PC 自作 / PC 組み立て   Tags: APU  A6  A6-6400K  RadeonHD8470D  自作PC  
    おこんばんわ。Ⅲ号H型ダインでございます。

    今回のお話は、前々回お話したゲーミングパソコン組立作業の“続報”であります。

    さて、今回のPCコンセプトですが「ビジネス向けとか...エンコとか...更にはコスパに優れてて...」みたいな仕様で、まぁ...アレですわ、

    『格安のゲームパソコンを作ればビジネスもエンコも逝けるんじゃね?』

    的な感じで作りますた。

    ちょいとばかりパーツのご説明をしておきまっす。

    CPUはAMD製の

    140409_01@pc.jpg
    『A6-6400K Black Edition』でございます。

    2コアモデルですが、クロック周波数は3.9GHzでTurbo CORE時に4.1GHzまでクロックアップします。一応、“Black Edition”モデルなので、CPUをヒィヒィいわせてやろうと思えば定格以上のOCも可能であります。※TDPは65W。

    このCPU、ちょいとややこしいのですが“APU”とも言いまして、グラフィック機能『Radeon HD 8470D』をCPUに内蔵しているのが最大のポインツです。最近はIntel系のCPUもグラフィック機能を内蔵していますが、こちらのグラフィック機能はライト系のゲームならグラボを挿さずにプレイすることが出来、必要とあればグラボを装備してディアル化することでグラフィック性能を向上させる事も可能なのであります。

    そこまで拘らないのであれば、このままの状態で電力消費量を抑える方が一石二兆な感じかな?

    ...そんなに得はしないかw

    因みに価格は7,000円程とお財布にも優しいCPUです。

    M/Bは

    140409_02@pc.jpg
    MSI製の『A78M-E35』であります。

    エントリーモデルですが、MSI独自の高品質部品採用を示す称号“ミリタリークラス4”に準拠しているママンであります。US Department of Defenseの定める軍用規格をクリアしてるとかしてないとか。AシリーズのCPU用マザーらしいHDMI、DVI、D-subを用いてマルチディスプレイ構成が可能です。価格は大体7,000円くらい。

    メモリーはCorsair製の

    140409_03@pc.jpg
    『CMX4GX3M2A1600C9 DDR3 1600MHz 2GBx2』4GBキット。

    出来れば、全体で8GBくらいは欲しかった処でありますが、用途がビジネス向けなのでこれで十分かとw

    価格は4,000円とか?

    組み立て作業中の様子みたいなー。

    140409_04@pc.jpg
    AMD製のCPUはPhenomⅡ x4 965 BE以来、久しぶりですが、CPUクーラーのフィン形状が櫛型から風車型に変わったのですね。排熱的にはこちらの方が良さそうな感じがします。

    しかし、AMDのCPUとCPUクーラーは形状こそ変われど、このスタイルを崩しませんねw

    拙者、そういうの嫌いじゃないですよ?///

    ママン組み込み終了の図。

    140409_05@pc.jpg
    マザーボードがコンパクトなので組み立てが非常に楽でした♪

    ZALMAN製のZ11 PlusはATX規格まで対応していますので筐体内部を広く使えてエアフローにも良い影響を与えそうです。マザボ正面のふっといケーブルは背面のUSB3.0ポートをフロントパネルのUSB3.0ポートに引き出すためのケーブルであります。

    動作確認中の様子。

    140409_07@pc.jpg
    毎度の事ながら、AMDのリテールファンは風音が五月蝿いですね。出来れば、CPUクーラーは3rdパーティ製のモノに換装したいでありますな。

    あと、はんべいどんからLEPA製の12cmファンを着けといてと言われておりましたので底部に吸気用ファンとして儀装しときました。

    愛想の無い電源ユニットが下部に見えていますが、HEC製の『HEC-LT500』であります。80PLUS BRONZE認証を取得した日本製のフルケーブル式のPSUで、保証期間が3年間と長いのが特徴です。※そして安いw

    余談でありますが、ドライバ用のDVDは

    140409_08@pc.jpg
    ちょいとお洒落さんでした。MSIの拘りですかね?w

    で、

    早速ですが、UCベンチを廻してみますたよ。

    140409_01@ucgops.jpg
    グラボ無しで4369はなかなか良いスコアかと。

    P鯖のブリ街を闊歩してみましたが、大規模じゃない限り普通に遊べそうな感じでした。UCのAMD(ATi)ユーザーさんなら解かるかと思いますが、ハンガーからMSの乗り降りとかするとカクつく事があったのですが、このPCではそのカクつきは見られませんでした。ハード、ソフトのどちらかが進歩したのかな?

    これでBF4とかCoD:Gがプレイ出来ればライトユーザー系のゲームパソコンになりうる感じですね。

    受け渡しに余裕がありましたら、別のベンチを廻してみようかと思います。




    おしまい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりでできるもん    ジャンル : コンピュータ


    Comments

    Leave a Comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。